ブログ

sungrove

2018.12.10 |【和服生活】

和服を選んで良かったこと【4】“【隠す】ではなく【魅せる】衣装”

和服を選んで良かったこと【4】“【隠す】ではなく【魅せる】衣装”

 

こんにちは!
頼れるきもの姉さん
かつた ゆきです。



和服を選んで良かったシリーズ続いています。
前回は和服の素材についてお伝えしました。

意外な事にウールは明治くらいに入ってきた
比較的新しいものなんです!

日本は色んなものを大陸から取り入れて
それを自分の文化に融合する能力に
とっても長けています!

さて、本日のテーマ
-----------------------------------------
・ありのままで美しくいられる。和服は【隠す】ではなく【魅せる】衣装
-----------------------------------------

アナ雪が大ブレイクしてから
「ありのまま」という言葉を
聞くようになりましたよね。



和服を実際に着た人の感想で
ただ、洋服から和服に着替えただけで

「普段と違う自分になれた気がする」
「上品な女性になれたよう」


という感想をほとんどの方が持ちます。

ご本人もいつもと違う一面の自分を見る事が出来
表情がパッと華やぐんです!



綺麗になる為、若々しくいる為には、

・ダイエットしたり
・運動したり
・食事を制限したり
・1日〇分●●をやったり

そんな努力は一切必要なく、
普段から気になるところを

・「どう隠そうか?」

と悩む必要もなく、

いきなり

「どうみせるか?」

まで飛躍できる楽しみが、和服にはあります。

人は誰かに見られると、
どんどん自分に磨きがかかります。

舞台の上で演技する女優さんが綺麗なのも
「人に見られる」を意識しているからですよね。

本当の美しさは
【隠す】のではなく、

【みせる】=【魅せる】

ではないでしょうか?

何を隠すこと無く、
ありのままで美しくいられる和服は

自分に自信を与えてくれより一層
魅力的にしてくれます。



和服はありのままで
自分に自信をつけてくれる
輝かせてくれる

とっておきの「衣装」です。

そのままで綺麗を保てるから。

和服を選んで良かったことの1つです。

-----------------------------------------
・ありのままで美しくいられる。和服は【隠す】ではなく【魅せる】衣装
-----------------------------------------

年齢と共に隠さなくてはいけないところが多くなって
悩むのもひとつの人生。

 

 

自信を持ってありのままでいるのも
また、ひとつの人生。

わたしは後者を選んで幸せだったと思っています。

これから和服を通して輝きたい方の
ヒントになれば幸いです♪
 東京の着付け教室 浅草、秋葉原etc