ブログ

sungrove

2018.12.11 |【和服生活】

和服を選んで良かったこと【5】“実はお手入れも楽チン♪簡単吊してしまうだけ”

和服を選んで良かったこと【5】“実はお手入れも楽チン♪簡単吊してしまうだけ”


 

こんにちは!
頼れるきもの姉さん
かつた ゆきです。

 

和服を選んで良かったシリーズ

 

今回は気になるお手入れについてご紹介します。

-----------------------------------------
・実はお手入れも楽チン簡単吊してしまうだけの和服
-----------------------------------------

和服に興味があるけど
一歩踏み出せない理由の1つに
「お手入れはどうするの?」

というのがあると思います。

 

 

まず、

・広げたら元の通りに畳めるか不安

・洗濯機で洗えないからどうやってよいのか知らない

 



 

って思いますよね。わたしも昔はそうでした。

 

でも、和服を日常に着るようになって

「逆に洗わないから楽!」
って考え方になると

 

問題は一瞬で解決。
肩の荷もスーーーっとおります(*^^*)

 

洗濯ものが減るというのも嬉しいポイント



 

 

和服の素材は大きく4つ。

・絹(シルク)
・綿(コットン)
・毛(ウール)
・麻(リネン)

この中で

 

・自分で洗わない方が良いもの
・素材として一番多いものが

絹(シルク)

 

 

シルクはシーズンが終わったら
専門の業者さんに頼んでしまえば良いだけ。

 

季節もののダウンとかそういうのと
感覚は同じです。

 

 

最近は丸洗い3000円前後で
やってくれるところが多くありますよー。

 

この3000円を高いと考えるか、安いと考えるか...?
シーズンに1回しか着ない人には高く感じますよね。

 

 

けれど、10回着ていれば1回300円と考えて
洗濯に必要な洗剤、水、手間を考えれば
きっと高いとは感じないと思います。

 

 

多く着たほうがお得~!

 

 

だから、特別なものとしてではなく、

週末とかお休みの日、

外へ出る自信がない人は家から出ない日とか

どんどん着ると良いですよ。

 

 

そしてなるべく日常で着る方が
コスパもどんどんよくなります。

 

 

何回着たら洗うかは
その人の感覚にもよるけど、

私はシーズンが終わったら洗う派です。

 

 

そこを割り切っていれば
普段洗濯にかける手間も省けるし

 

 

旅行に行った時に
次の日洗濯物で溢れて大変!てこともないです。

和服旅行は写真映えもするし、メリットたくさん!!

 

 

着たらハンガーに掛ける。
翌日畳んでしまう。

たったそれだけの習慣(*^^*)



 

毎日洗濯ものと格闘している人には

ちょっと離れて考えてみて

本当に洗いが必要なのか?を

見つめてみるのも良いかもしれませんね。

 

 

和服を着て良かったこと【5】
-----------------------------------------
・実はお手入れも楽チン簡単吊してしまうだけ
-----------------------------------------

和服って洗えないんでしょ?
みんなどうしているの?

 

と思っている方のヒントになれば幸いです。

 
 東京の着付け教室 浅草、秋葉原etc