名古屋帯の【お太鼓結び】は和服姿に必須??

Pocket

[su_box title=”この記事を書いた人”]オトナ和服のユキ。 日常着として年間200日以上の和服生活[/su_box]

和服姿に定番のお太鼓結び。
着付け教室でも”基本のき”として習うこのカタチ。

絶対的な帯結びのスタンダードNO.1

で・す・が・・・

「たまには違う結び方をしてみたい」
「他の結び方も覚えたい」
「結ぶ時間をもっと短縮したい」

などの疑問や変化を求める方へオススメの記事となっています!

    • もくじ
    • 1.お太鼓結びとは
    • 1-1.お太鼓結びのメリット
    • 1-2.お太鼓結びの歴史
    • 1-3.お太鼓結びに必要な道具
    • 1-4.簡単お太鼓結びとは??
    • 2.変わり結び
      • 2-1.変わり結びのメリット
      • 2-2.銀座結び
      • 2-3.つの出し
      2-4.オリジナルペンタゴン

 

1.お太鼓結びとは?

1-1.お太鼓結びのメリット

名古屋帯をはじめとする超定番の結び方。
こちらの結び方は、なんといっても

「多くの人が締めている」
「フォーマルシーンでも活躍」
「平らな結び方で羽織下などにも使いやすい」
「崩れにくい」
「からだにフィットする」

とにかく、オールマイティといって良い結びです。
だからこそ、着付けのレッスンでも一番最初に習う結び方。

でも、ちょっと待って!
案外初心者には難しいんですよ!!

 

1-2.お太鼓結びの歴史

実はお太鼓結びは江戸時代末に考案された
和服の歴史ではあたらしい帯結びです。

亀戸天神の太鼓橋の完成披露で
芸者さんがしていた帯結びが当時斬新で
一般の人にも大流行し、その後
時代を経て、定番の結びとなりました。

 

1-3.お太鼓結びに必要な道具

お太鼓結びに必要な道具は、
・帯(ここでは名古屋帯)
・帯枕+ガーゼ
・帯板
・帯揚げ
・帯締め
・仮ひも
と、案外多いです。

帯1本結ぶにもあたふたしてしまう超初心者さんにとっては
この道具の数は、やはりハードルになるのではないかな?

と思ってしまいます・・・。

 

1-4.簡単お太鼓結びとは??

ということで、
帯・帯板・帯締めの3つだけで結べるお太鼓結びを考案しました!

帯枕+ガーゼ
帯揚げ
仮紐

の3つを省略したバージョン。
道具の数は半分になります。
普段使いにはぴったりです。

どうでしょう?後ろからみて、普通のお太鼓結びとの違いがわかります??
もちろん、簡単バージョンなので、フォーマルには向きません。
帯揚げもないですし。
ただ、「気軽に着る」ならちょうど良い感じ。

2.変わり結び

スタンダードのお太鼓結び以外の結び方を
全部ひっくるめて【変わり結び】なんて一般的によんでいます。

 

2-1変わり結びのメリット

変わり結びのメリットは、幅が拡がること、上級者に見えること。
3つくらいバリエーションをもっていると、
コーディネート以外にも結びでの変化もつけられて着る幅がグッと拡がります。

もちろん、帯締めや帯揚げ、帯の種類なんかの組み合わせを
考えるのも楽しいけど、、、
持ち物が少なくても変化がつけられる
お金もかからないし、技術も上達するわたしがオススメする方法です!

2-2.銀座結び粋な結びとして着物愛好家に好まれる結び方。
基本のお太鼓の応用として紹介されるけど、多分こちらを先に覚えた方が楽です。使う道具
・帯
・帯板
・ガーゼ
・帯揚げ
・仮紐

 

 

2-3.乙女太鼓

使う道具
・帯
・帯板
・帯枕+ガーゼ
・帯揚げ
・帯締め

  • 2-4.オリジナル結びペンタゴン
    使う道具
    ・帯
    ・帯板
    ・帯枕+ガーゼ
    ・帯揚げ
    ・帯締め
    ・仮紐
    オリジナルの帯結びです。

 

3.まとめ

いくつか名古屋帯の変わり結びを紹介しましたが、
どれもおおよそ、お太鼓の応用バージョン。

だから、お太鼓結びってやっぱり必要。

だけど、最初からお太鼓の練習はしなくていい。

 

最初はやはり結びやすい半幅帯からはじめたらいい。
それにはやっぱり着物でなくて浴衣からがいい。

小さなステップを少しずつ積み重ねて
将来の自分がより大きな階段を登れるように
丁寧にお伝えしています♪

レベルで言うと、お箸が使える人ならきっと大丈夫です!

本日も最後までお読みいただきありがとうございました(*^^*)

 

 

 

Pocket

この記事を良いと思ったら紹介してください(*^^*)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です