帯揚げ・帯締めで変わる!和服コーディネートの黄金比

Pocket

この記事を書いた人
オトナ和服のユキ 年間200日和服生活
ユキ
今日は黄金比という視点で和服を解説するよ!

3月4月は出会いと別れの時期。
普段は和服を着ない方も、卒業式や入学式という舞台で
着物を着る機会に恵まれると思います。

ただ、たまにしか着ないからこそ、悩むコーディネート。

親から譲り受けたものがあるけれど、
「きものと帯のグッとくる組み合わせが見つからない!」
なんてお悩みはありませんか?

訪問着back

 

 

今日は、着物と帯はもちろん、小物の色合わせについて
デザインの黄金比からコーディネートを読み解いていきますよ!

 

もくじ
●黄金比とは??有名企業のロゴにも隠れている人が心地よく感じる割合1:1.6
●色の使い方にもあった!知られざる黄金比~70:25:5~
●これは大発見!黄金比って和服のコーディネートに使えるんじゃないの??
●あなたにも使える!この比率で試してみて!

 

こんな疑問や不安がある方へオススメ!

・きものと帯の組み合わせはもちろん、小物の組み合わせに悩む
・いつも白や黒の無難な帯ばかりで変わり映えしない
・お金をかけずに小物だけ変えてイメチェンしたい!

 

●黄金比とは??~人が心地よく感じる色の割合70:25:5~

 

あなたは黄金比って聞いたことがありますか?
あの有名なモナ・リザや、有名企業のロゴなどに実は
人が感じる心地よい割合というのが、こっそり隠されています!

すごーーく簡単に説明すると、1:1.6とか、5:8の割合に
我々は知らず知らずのうちに親近感を抱いたり、心地よいと感じたりするそうです。

これは、頭で考える以前のそもそも人間に備わっているものと
考えてよいですね。

 

知らず知らずのうちに受け取っている情報にこんな仕組みがされているなんて…
驚きですが、せっかくこの情報を手にしたからには
積極的に活用していきましょう!

▼黄金比について詳しく知りたい方はこちらの記事を参考にどうぞ!▼
https://ferret-plus.com/1494

 

 

●色の使い方にもあった!知られざる黄金比

 

さて、上記でご説明した黄金比ですが、色についても同様な比率があるんです!
これは、デザインの分野などで活用されているようですが、

 

わたくし、発見しちゃいました!
本当は生徒さんだけにこっそり教えている表に出したくない情報なのですが、

「和服で輝く女性をもっともっと増やしたい!」

という想いから、こちらのブログで公開することにしました。

 

この記事にたどり着いた方はラッキーですし、
他のどのサイトでも伝えていないことなので
しっかり学んでこれからの和服ライフに活かしていってくださいね(*^^*)

 

さっそく。。。色の黄金比についてざっくり説明すると

・全体的なイメージ70=ベースカラー
・それを引き立てる25=サブカラー
・ポイントとなるの5=アクセントカラー

で構成されています。
サイトの色の割合や、キャラクターの色設定にも使われるみたいですね

よくできたサイトやキャラクターには黄金比は欠かせないようです。

こちらをクリックすると配色について詳しく知る事ができますよ▼
https://creive.me/archives/8680/

 

 

●これは大発見!黄金比って和服のコーディネートに使えるんじゃないの??

 

和服のコーディネートに黄金比が使えると気が付いたのは、2018年秋。

「友人の結婚パーティーで着物を着たい、コーディネートはお任せするわ!」

と頼まれて、和服のコーディネートを考えて我が家のトルソーちいちゃんに
色々と着付けてみたところ…

写真でアレコレ見比べているときに

きもの:帯:帯揚げor帯締め

の割合が70:25:5になっているコーデがいちばんしっくりきたんです!

 

「わゎ、この黄金比、和服のコーデに使える!」
と発見をしてひとり、喜んでおりました。

和服の場合はパッと見た時に目に入るアイテムが4つあるので、

全体のバランスから

・きもの=70
・帯=20
・帯揚げ=5
・帯締め=5

 

として全体を100に見立て、その他の帯や小物の割合を示してみました。

そのコーディネートがこちら

 

 

【1】紫(きもの&帯締め):シルバー/白(帯&帯揚げ)=75:25

きもの黄金比7525

悪くないですね。よく見かけるかなぁと思います。
「あぁ、きもの、着てるんだね、素敵ね」って感じで

でも、全体的にぼーーっとしていませんか?

 

 

 

 

 

【2】紫(きもの&帯締め):紺(帯):白(帯揚げ)=75:20:5

黄金比75205

帯を全く別のものにチェンジしました。
きものの色も落ち着いているので、帯の色の濃さと合わせると全体的に暗い感じ。
「あ、まぁ、ふーーん、そうなんだ」って感じで

バランスは良くないですし、あまり素敵だと思いません。

 

 

 

 

【3】紫(きもの):シルバー(帯):紺(帯揚げ・帯締め)=70:20:10

着物コーディネート黄金比702010

これはある意味鉄板パターンです。
帯揚げと帯締めってよくセットで売られていますし、同色に合わせる方も多いと思います。
まぁまぁ、安心して着られる組み合わせです。

今回は帯揚げと帯締めの割合に100のうちの5を当てているので
同色にすると、それだけでセット扱いで割合が10になります。

でも、もう少しアクセントの色を効かせたくないですか??

 

 

 

【4】紫(きもの):シルバー/白(帯&帯揚げ):紺(帯締め)=70:25:5

黄金比70255

やっと見つけた!これがピッタリしっくりくる!
アクセントカラーが効いているし、全体もまとまっている。
和服の黄金比はこのパターン!

と決まったのがこちらのコーディネートでした。

 

 

●あなたにも使える!この比率で試してみて!

 

よくある和服のコーディネートの紹介って
雑誌なんかは特にそのきものや帯に焦点を当てているものなので、
全体のバランスの測り方ってわからないと思うんです。

また、色については、
・同系色を合わせるとか
・反対色を合わせるとか

組み合わせについてのレクチャーはあっても
割合まで教えてくれるところはないですよね。

ただ、今回、

きもの=70
帯=20
帯揚げ=5
帯締め=5

という具体的な全体に対する色の割合を数値化したことで、

黄金比の70:25:5

というのを見出すことが出来ました!

 

それぞれのきものや帯、小物の割合を覚えておいて
全体的なバランスをみたいときに
頭の中でささーーっと計算できると便利じゃないですか??

「あともうひとつ、工夫が欲しい」
「いつものコーデから抜け出したい」
「小物を買うときの参考にしたい」

そんなときにきっとあなたのお役に立てるはずです!

必ず黄金比にしなくてはいけない!というのではなくて、
迷った時に立ち戻れる基本として身につけておいて欲しいなって思います。

そして、友人から依頼されたコーデと、わたしも自分のコーデを考えて
一緒に結婚披露パーティーへいったときの様子がこちら

 

 

私自身のコーデも

ブルー(きもの):シルバー/白(帯&帯揚げ):紫(帯締め)=70:25:5

の黄金比でした!

普段は全く違った事柄に見えることが繋がった瞬間て嬉しいですね。
そういう発見を掘り出すのが楽しみで仕方ありません。

是非、今後のコーディネートの原点として参考になさってください!

Pocket

この記事を良いと思ったら紹介してください(*^^*)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です